前へ
次へ

夫が妻の名を連帯保証人に使った損害賠償責任

一般的な借り入れにおいては保証人を要求するケースが多く、親や配偶者など親族に保証人になってもらうことになるでしょう。
保証人の中でも連帯保証人は借入人と同じ返済義務を持つため、金融機関から借入人より先に連帯保証人に返済を求めたとしてもそれを拒否することはできません。
もし夫が妻に内緒で妻の名前を連帯保証人として使い借入をしたとき、妻はその返済に関して支払い義務が生じるのかどうかです。
いくら夫婦であってもそれぞれが単独で行った借入に対してはその配偶者であっても返済義務はなく、金融機関が返済に困って損害賠償してきたとしても配偶者は支払う必要はありません。
ただ日常生活に必要な支払いのための借入の時は配偶者が損害賠償しないといけないときもあります。
私用で使うお金を得ようと無断で連帯保証の名前を使われたときは法律上はもちろん支払う必要はありませんが、無断で使われたことを証明したりそれまで連帯保証人になったことがない事実などが無いと請求に応じないといけないときもあります。

Page Top