前へ
次へ

鉄道を不正に利用した時の損害賠償の額

便利な交通機関として鉄道やバスなどがあり、鉄道に関しては切符や定期券などを購入して利用しなければいけません。
都市部などでは自動改札機が一般的なので不正乗車はできないようになっているものの故意、又は知らずに本来支払うべき運賃を払わずに利用してしまうことがあるかもしれません。
鉄道の不正利用に関しては注意事項が社内に記載されていたりして、本来払うべき運賃の2倍の運賃を支払わなければならないと書かれていたりします。
相手に損害を生じさせた時は通常は損害賠償としてその損害分となるのでしょう。
鉄道会社が不正乗車に対して2倍の支払いを求めるのは鉄道会社が勝手に決めていることなので法的にはそこまで損害賠償をしなくてもいい気がするかもしれません。
鉄道会社の運賃の2倍に関する規定はそれぞれの鉄道会社が独自に決めているのではなく連合団体などが決めていて、法律ではないもののそれに準ずる効力があるとされています。
そのため決まりに従って支払う必要があります。

Page Top