前へ
次へ

離婚で損害賠償を請求する方法は

浮気などが原因で離婚を検討する人も見られます。
こういったとき浮気相手や配偶者に慰謝料と呼ばれる損害賠償を請求したいと考える人も見られます。
どういったときに慰謝料が勝ち取れるか知りたいという人もいるでしょう。
夫婦の間の離婚問題はとても難しい問題ですが、慰謝料が請求できる可能性があるケースがありますのでチェックしていきましょう。
まず一番大きいのは、浮気相手が妊娠しているときなどが考えられます。
離婚をして浮気相手と結婚するという場合は慰謝料を請求できる可能性があります。
また、自分の子供が未成年である場合は慰謝料のほかに養育費を請求することもできるためこういったことも視野に入れることをお勧めしています。
このほか、ドメスティックバイオレンスなどが原因で心身ともに健康を損ねている場合も慰謝料が請求できる可能性があります。
逆に、「性格の不一致で離婚したい」「配偶者の両親と折り合いがわるい」というような理由の場合は慰謝料の請求が難しいといえるでしょう。

テレコムクレジット株式会社
クレジットカード決済や電子マネー決済などでお悩みならテレコムクレジットまで

東京/名古屋でデータ入力代行(問診票データ/健診票データ)はBPO Center

https://hermitclub.net/category/izakaya/
お客様からの幅広いニーズに合わせてハーミットクラブではロケ撮影に使えるお店を紹介いたします。

スマホでできる経費精算
オフィスに戻らなくても端末して作業ができます

慰謝料という名の損害賠償請求は、手始めに内容証明郵便を送ることから始めます。
内容証明郵便は意思を伝える手段にとどまり法的拘束力は持ち合わせていません。
慰謝料をもらう権利の主張やなぜこういう考えに至ったのかを相手に伝えるとともに、表明したことに対する証明を日本郵便が行うという仕組みです。
これを送ったからすぐに慰謝料がもらえるというものではなく、話し合いのきっかけ程度にとどめておきましょう。
また、和解に至らず話し合いがこじれてしまえば、調停や裁判というようにエスカレートしてしまう可能性も否めません。
状況を長引かせることは、お互いのわだかまりを強固なものにしてしまうため、法律の専門家に相談をしながら和解に向けて話し合いを進めていくことが大切です。
また、配偶者が慰謝料請求を拒否する場合、どのような理由があるのか聞き入れることも必要になります。
こういった場合は落ち着いて相手の主張を客観的に考えていくことが大切です。

Page Top