前へ
次へ

名誉棄損に対してどれくらい損害賠償が可能か

社会においては誰とでも仲良くしたいですが、時には仲たがいしたりすることがあるかもしれません。
その時にあるケースとして他人の名誉を傷つける言動をすることが挙げられます。
以前なら近所で言いふらす程度で広まってもその周辺程度でしたが、最近はネット上に拡散するときもあり近所だけでなく日本全国、さらには世界中に事実でないことが広まるときがあります。
精神的苦痛を感じることもあるでしょうがその時に損害賠償請求はどれくらいできるかです。
名誉棄損によって病気になったり引越しが必要になるなど実害があるならまずその額の損害賠償が可能になるかも知れません。
問題は慰謝料部分で、実際には実害は少ないものの精神的な苦痛が解消しないときがあるようです。
慰謝料に関しては基準があるために、いくら傷つけられたとしてもそれを証明できたとしても請求できる額は限られています。
法律事務所を通じて裁判をしたとしても、裁判費用と同レベルの慰謝料しか取れないこともあります。

Page Top